TOP

はじめに

当サイトでは食べ過ぎ・飲みすぎによる軽い胃もたれを前提として話をしていますので、慢性的な胃の不調や胃炎をお持ちの方とは根本的に対処法が異なります。

酷い胃の痛み、慢性的な症状をお持ちの方は薬や食事だけの対処では根本的な治療にはなりませんし、逆効果になることもあります。こちらのプログラムで一時的な治療ではなく根本的な改善方法を学ぶことをおすすめします。

軽度の胃の不調の場合

胃の調子を整えるには、健康的な食生活と適度な運動、そしてストレスを溜めないこと、身体を冷やさないことが基本になります。飲み物は冷たい水を習慣にしている人は、身体を温めるお茶などもよく飲むようにすると血行がよくなり胃の調子が良くなることが実感できると思います。お茶のほかにも生姜や紫ウコン、たんぽぽコーヒーなども効果があるので試してみてください。

胃の調子を整えるためには、清涼飲料や冷たいコーヒー・牛乳、果物、生野菜は控えたほうがいいです。果物や野菜は身体に良さそうですが、身体を冷やす陰性食品(特に南国産のもの)なので摂りすぎに注意しましょう。温かい服装と温かい食事で、身体の内側と外側の両方から温めると胃の調子も改善します。胃の働きが活発になるのは副交感神経の働きによるものなので、食事のあとにはリラックスするように心がけると消化がスムーズになります。このように胃にやさしい習慣を身につけてください。

(c)フリーメディカルイラスト図鑑

胃の調子を整えるにはキャベツもおすすめですよ。キャベツは胃潰瘍の薬の材料としても使われているほどです。キャベツには胃の粘膜を守ってくれる効能があります。消化機能に不安がある人はぜひキャベツを沢山食べるようにしてください。

胃の調子が悪く食欲が無いときには ストレスからくる胃の調子の不具合
胃の調子を改善する胃腸薬の選びかた 胃の調子と口臭とのあいだの関係
胃の調子を整えるサプリメントとは ツボ押しで胃の調子を改善しよう
胃の調子を良くするための食べ物 胃の調子を良くするための飲み物

胃の調子を改善するための注意点

胃の調子を改善するためには、まずアルコールやスパイスなどの刺激物を控えてください。適度な運動も胃の健康を改善する効果があります。丹田呼吸法なども身につけておくと良いでしょう。胃にやさしい乳酸菌をホットミルクやヨーグルトから摂取するのもおすすめです。人によって牛乳は体質に合わないことがあるので気をつけてください。特定保健用食品から選ぶと安心です。コーヒーなどのカフェインが胃に悪いといわれていますが、3杯までなら健康にも良く臨床現場にも活用されています。

胃の調子で悩んでいる人には紫ウコンやヤーコン茶、エビオス錠などの健康食品が人気を集めているようです。普段の食事から摂取できる手軽なものではキャベツや生姜も効きますよ。ツボの刺激や漢方薬などの東洋医学的なアプローチでも、胃の調子を健康的に改善することができます。漢方薬の分野では特に胃の健康を専門としていますから効果が期待できます。普段冷たい水を飲んでいるなら白湯に変えてみるのもおすすめです。血行がよくなって胃の調子が改善します。ストレスからくる胃の症状を予防するために、精神的な面からケアする必要も出てくるでしょう。頭に血が昇ったり焦りを感じると、胃が充血して良くないそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ