ビールで胃を活性化

胃を大切にと思っても、やっぱり仕事後の一杯は美味いものでビールの一杯は誰でも飲みたくなりますよね。

お酒は程ほどに飲むのが一番だと分かっていても、好きな方はつい飲みすぎてしまうことが多いでしょう。

二日酔いくらいで済めばいいですが、それが原因で病気になってしまっては元も子もありません。

ところが最近話題になっているのが、ビールが胃の健康に良いという趣旨の話です。

ビールに含まれる炭酸が胃を活性化させ胃の機能を良くすると言うことです。

空腹にアルコールを摂取すると、ダイレクトに胃が吸収してしまうので胃に負担が掛かりますが、ビールはアルコール度数が低く、胃から腸へ流れやすい特性があります。

その上で炭酸が胃を刺激して胃液を大量に分泌することで胃粘膜を保護するという効果があるのです。

更に苦味が消化を助ける作用があるので、食欲が増すという効果があるのです。

つまり、飲みに言ってとりあえずビールを飲むという動作は効率的と言えるでしょう。

このようにビールは食前に飲むと胃の活性化を助ける作用があるのです。

飲み方に注意すればアルコールも健康に役立つということですね。

しかし、あくまでも限度あってのこと!

飲みすぎはまったくの逆効果ですので、注意しましょう!

また、就寝前も良くない事はわかりますね。

胃が休もうとしている時間に無理やり活性化させると自律神経を崩します。

お酒を楽しむためにも、健康には気を使うことが大事ですね。

注意点

当サイトでは食べ過ぎ・飲みすぎによる軽い胃もたれを前提として話をしていますので、慢性的な胃の不調や胃炎をお持ちの方とは根本的に対処法が異なります。

酷い胃の痛み、慢性的な症状をお持ちの方は薬や食事だけの対処では根本的な治療にはなりませんし、逆効果になることもあります。こちらのプログラムで一時的な治療ではなく根本的な改善方法を学ぶことをおすすめします。

同じカテゴリの記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ