胃の調子を良くするための食べ物

胃があまり強くない人はもちろん、胃の調子が悪いときには食べ物や飲み物に気を使う必要があります。

一度にたくさん胃に入らない人は、食事を数回に分けるなど胃に負担がかからない方法で無理せず食事をとりましょう。

胃の調子が悪いときは食事の量をいつもの半分に減らしてみてください。
ピザや揚げ物、焼肉などの脂っぽいものを避けて、普段はあっさりしたものを食べましょう。

胃の中が空っぽの状態でも胃の調子が悪くなることがあります。

食欲が無いときはおかゆやすりおろした林檎、大根おろしなどの消化にいいものだけでも時々は口にするよう心がけてください。吐き気のあるときは無理をする必要はありません。

少し喉が渇いたときのために、小さなポットに白湯を用意しておくのもいいですね。

胃に負担をかけないためには暖かいもの・消化のいい食べ物を中心にたべるようにしましょう。炭水化物を摂りたいときにはパンやクラッカー・ビスケット、カロリーメイトなども胃にやさしいのでおすすめです。

麺類はソバなどの冷たいものよりも温かいかけうどんや鍋焼きうどんを食べるほうが胃の調子も良くなります。

南国産の果物・野菜、牛乳、甘いもの、インスタントコーヒー、炭酸飲料も身体を冷やしてしまいます。

注意点

当サイトでは食べ過ぎ・飲みすぎによる軽い胃もたれを前提として話をしていますので、慢性的な胃の不調や胃炎をお持ちの方とは根本的に対処法が異なります。

酷い胃の痛み、慢性的な症状をお持ちの方は薬や食事だけの対処では根本的な治療にはなりませんし、逆効果になることもあります。こちらのプログラムで一時的な治療ではなく根本的な改善方法を学ぶことをおすすめします。

同じカテゴリの記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:胃の調子

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ