胃の調子を改善する胃腸薬の選びかた

胃腸薬は胃の調子によって使い分ける必要があります。飲む時間も症状と胃腸薬の種類によって変わってきます。

食欲が湧かないときには食前30分くらいに、胃液の分泌が弱く消化が悪いなら食べた直後に飲むことになります。

胃がじゅうぶんに働かず食欲が無いなら総合胃腸薬を選びましょう。色々な症状に対処できますが、成分や比率による効果が違ってくるので自分の症状に最適かどうか表示をよく確認しておきましょう。

胃の痛みや胸焼け、ムカムカする症状があるなら鎮痙薬としての作用がある薬を用います。これらの症状を緩和するために胃の緊張を和らげます。

胃酸が多くて悩んでいる人には制酸薬が最適で、これには胃酸を中和する作用があります。

胃腸薬選びで注意しておきたいのが、胃が痛いときに他の痛み止めで代用しないほうがいいという事です。さらに症状が悪化してしまう恐れがあるので気をつけましょう。

ただ、胃の調子が悪いときでも胃腸薬に頼らないのに越したことはありません。飲み物や食べ物を工夫したり、運動や身体を温める習慣をつければ十分なこともあります。

胃腸薬のなかでも鎮痙薬や制酸薬の副作用は他の病気を進行させてしまう可能性があるので、持病のある人は使わないようにしたいものです。

注意点

当サイトでは食べ過ぎ・飲みすぎによる軽い胃もたれを前提として話をしていますので、慢性的な胃の不調や胃炎をお持ちの方とは根本的に対処法が異なります。

酷い胃の痛み、慢性的な症状をお持ちの方は薬や食事だけの対処では根本的な治療にはなりませんし、逆効果になることもあります。こちらのプログラムで一時的な治療ではなく根本的な改善方法を学ぶことをおすすめします。

同じカテゴリの記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年5月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:胃の調子

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ