胃の回復にヨガ

胃の疲れや不調は体全体の不調を巻き起こします。

胃が原因で自律神経を崩してしまい、自立神経が密集している背骨周りに影響が出て背中の張りとなって現れることもあります。

背中の痛みなどは内臓の不調が原因といわれれますが、胃の不調も例外ではありません。

そこで、弱った胃の回復、あるいは胃疲れの予防などに効果があるのがヨガです。

そもそもヨガは体全体の回復のために最適と言われています。

日頃の生活で骨盤を中心に体全体が歪んできますので、その姿勢を正すだけでも内蔵機能は活発化します。

歪んだ背骨や詰まった背骨をほぐして整えることで、自律神経も安定し、胃の活動も正常化します。

ヨガは心の安定を得ることも出来ますので、力の入った体全体のリラックス効果にも絶大な力を発揮します。

疲れた内臓を回復させるのにはうってつけの方法と言えます。
もともと一般人は健康のためにヨガをやる人が殆どです。

体の内部に目を向けることで、自分の健康状態を感じるという訓練にもなるのです。

特に現代人は胃の疲れがある人が多いので、胃の回復に効果のあるポーズなどを寝る前に自分で行うのもいいでしょう。

ですが、ヨガはやはりトータルでやってこそ効果があります。

自分の体のどこに異常があるのかを認識するためも、週に一度くらいのレッスンを受けることをオススメします。

注意点

当サイトでは食べ過ぎ・飲みすぎによる軽い胃もたれを前提として話をしていますので、慢性的な胃の不調や胃炎をお持ちの方とは根本的に対処法が異なります。

酷い胃の痛み、慢性的な症状をお持ちの方は薬や食事だけの対処では根本的な治療にはなりませんし、逆効果になることもあります。こちらのプログラムで一時的な治療ではなく根本的な改善方法を学ぶことをおすすめします。

同じカテゴリの記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ